• 娘の出産準備・赤ちゃんに関する情報やグッズ・ライフでは趣味でやっている株や英語・韓国語の学習、フォトブックなど、好きな物、気になる事を紹介しています

妊婦さん・赤ちゃんのためのウォーターサーバー~水道水が使えるウォーターサーバー

ウォーターサーバーを使いたいけど、お水代がどうも高い!と思っている人も多いと思います。
そんな人には、自分のお家の水道水を使うウォーターサーバーがあります。
水道水を使うってどういうことでしょうか?浄水器とどう違うのでしょうか?
こちらには水道水をタンクに注ぐタイプと、水道に直結させて使うタイプがあります。

ウォーターサーバーってどういうもの?

ウォーターサーバーというのは簡単にいうと、冷水と温水がでてくる給水器のようなものです。
ただ、この出てくるお水がとても質の良いもので、天然水だったり、特別なRO膜というもので濾過していたりします。
メーカーさんによって違いますが、それぞれ自信のあるお水を配送してくれるので、そのお水をボトルごと交換・セットして使います。

水道水が使えるというのはどういうこと?

 水道水をタンクに注ぐタイプ

水道水をウォーターサーバーの貯水タンクに注ぐだけです。
タンクは取り外して洗うことができるようになっています。
タンクに入れたお水をろ過しておいしい水をつくりだす浄水型ウォーターサーバーです。

 水道に直結させるタイプ

水道の配管に分配器具を取り付けて、水道管から直接お水を供給します。
水道水から直接サーバーへ接続して、フィルターで浄水させます。
こちらは毎回お水を入れる手間がかかりません。
最初に、分配器具の設置作業をしなくてはなりません。設置費がかかるところもあります。
※基本的に現状復帰もできる作業で、賃貸住宅でも大丈夫とのことですが、注意事項を確認しておく必要があります。

浄水器との違いは?

ここまでだと、どうも浄水器とかわらないような気がしてしまうかもしれません。
ウォーターサーバーと浄水器との違いは色々ありますが、その一番大きな違いはフィルターの浄水機能があげられます。
メーカーによって多少差がありますが、ウォーターサーバーの濾過システムは、浄水器より大きなフィルターでゆっくり濾過しているので、一般の蛇口一体型浄水器よりしっかり浄水しているといえます。
分子レベルまで濾過できるRO膜タイプがあるところもあります(ウォータースタンド 楽水ウォーターサーバー )(※ROフィルターはヨウ素、セシウム等、放射性物質までをも除去する、最も浄水精度の高いフィルター)

そしてウォーターサーバーの特徴といえる利便性は、冷水・温水がいつでも使えることです。

水道水タイプのメリットとデメリット

 メリット

水道水を使うので、水道代はかかりますがお水を買うことにくらべたらとても割安なので、使用量を気にせず使いたいだけ使えます。
ふつうのウォーターサーバーと比べて、お水のボトルの受け取りや交換の手間がなく、ボトルの保管場所もいらないのでストック場所をとりません。
お水のノルマもなく、使いすぎの心配もありません。
サーバー本体がコンパクトなものが多くでています。

 デメリット

水道直結タイプは、水道からホースを引くので設置場所が限られます。
遠いところに設置するとホースを長く引かなければいけないので邪魔に感じるかもしれません。
(※メーカーによりホースは異なります。5m以内がおすすめ、30mでもOKなメーカーもあります)
天然水は飲めません。

水道水を注ぐタイプの浄水型ウォーターサーバー

【公式サイト】

月額利用料3300円(税込み)
サーバー代月額料金に含む
初期費用出荷手数料 税込2,200円
フィルター交換4ヶ月に一度届く(セルフ交換)
メンテナンス不要、日常の手入れはセルフ
チャイルドロックあり
解約金規定利用2年
規定満了前 税込16,500円
「非常用電源ユニット」をサーバーに取り付ける事で停電時に浄水フィルターでろ過された常温水が使用できます。(オプション料 1760円)
タンク内には、UV(紫外線)殺菌ランプを搭載し、温水・冷水タンクは、それぞれ熱と冷却で常にクリーンな状態に保ちます。
 

【公式サイト】

サーバー代3300円(税込み)
初期費用なし
カートリッジ6ヶ月に一度(セルフ交換)
メンテナンス不要 セルフメンテナンス
チャイルドロックあり
解約金1年未満 22,000円
1~2年未満 16,500円
2~3年未満 11,000円
とってもコンパクトで省スペース、見た目もお洒落です。
ウォーターサーバー内を殺菌効果のある光で照射する「UV-LED*」を搭載。訪問クリーニングや自分で特別な操作をする必要はなく、サーバー内部を定期的に照射し、いつでも水を新鮮な状態に保ちます。

水道に直結させるタイプのウォーターサーバー

★お水を補充する手間がなく楽です。水道から分岐させホースでさーばーとつなげます。

【公式サイト】

〈資料請求もこちらから 〉

サーバー代4378円(長得割だと3850円
~8778円)
長得割は11000円必要
初期費用0円
フィルター0円(メンテナンス時交換)
メンテナンス6ヶ月に1度程度の
訪問メンテナンス0円
チャイルドロック温水はあり
解約料1年未満 撤去費用11,000円
 RO膜フィルター搭載タイプもあります。5808円(長得5280円+初回11000円)から。
フィルター交換における、フィルター代と作業費用、通常の使用における、故障修理にかかる全費用、経年劣化における、本体交換にかかる全費用がすべて含まれているので安心です。

【公式サイト】

サーバー代4378円~5478円
初期費用0円 専門エンジニアが設置
フィルター0円 定期的な交換
メンテナンス定期メンテナンス・清掃
チャイルドロックあり
解約料3年以内 16500円
水の抽出口をUV LEDの利用によって自動殺菌システムや、高性能低温殺菌システムを搭載。
専門エンジニアによる設置サービス、定期交換フィルター、定期メンテナンス・清掃、故障修理サポートが月額料に含まれます。

【公式サイト】

サーバー代3278円~5478円
ROフィルター4378円+1100円(排水)
初期費用13200円
自分で設置すると5500円
フィルター無料発送 セルフ交換
メンテナンス不要
安心パック572円/月
サーバートラブル時訪問作業無料
チャイルドロックあり
解約料       3年未満 残り契約月数×レンタル料の40%の解約金
撤去費用(約8,000円)、サーバー返送費(約4,000円)

※水栓の形状により別売分岐アダプターが必要な場合、穴あけ、モール施工の場合は、別途部品代が必要な場合があります。

まとめ

水道水を使うタイプのウォーターサーバーのいいところは、定額のレンタル料だけでお水代を気にせず、綺麗なお水を好きなだけ使い放題飲めるところとです。
毎月の水の料金や使用量を気にせず使いたいという方におすすめです。
宅配されるお水と違って、お水を受け取って保管したり、ボトルを交換をしたりする手間が無いことも嬉しいポイントです。

自分のライフスタイルと照らし合わせてよく検討してみるといいと思います。


 
 

Follow me!

PAGE TOP