• 娘の出産準備・赤ちゃんに関する情報やグッズ・ライフでは趣味でやっている株や英語・韓国語の学習、フォトブックなど、好きな物、気になる事を紹介しています

妊婦さん・赤ちゃんのためのウォーターサーバーの選び方

妊娠中はいちばん安心して飲めるのはお水です。
そのお水をいつでも手軽に、より安全に飲むことができるのがウォーターサーバーです。
ウォーターサーバーを選ぶとき何を基準に選べばいいのでしょうか?
妊婦さんの水分補給や赤ちゃんのミルク作りを考えた時のウォーターサーバー選びの注目するべきポイントを調べてみました。

ウォーターサーバーのお水の種類

ウォーターサーバーのお水は大きく分けて「天然水」と「RO水」の2種類があります。
その他には水道水をつかった浄水型などもあります。

天然水

天然水とは、「特定の水源から採水した地下水を原水とする水」で
濾過・沈殿・加熱殺菌以外の処理をしていない」というのが定義です。
水源によってミネラル分などが違ってきます。それによって味にも違いがでます。
「濾過・沈殿・加熱殺菌以外の処理をしていない」というと「していない」が強調されてしまう印象を受けますが
加工などがされていないということだけで、濾過や殺菌処理がきちんと実施されている安心なお水ということです。

天然水にはミネラルやカルシウムが含まれていうので、赤ちゃんのミルクを作るとき、このお水で大丈夫かと心配になるかもしれません。
WHO(世界保健機構)が決めているお水の硬度の基準値で、0~60mg/ℓ未満を軟水といいます。
60mg/ℓより多いと硬水になり、消化器官が未発達な赤ちゃんには適しません。
軟水はミネラル分が適量なので赤ちゃんにも安心して飲ませてあげることができます
日本ではほとんどそうですが、軟水を使っているウォーターサーバーなら安心です。

天然水には自然のミネラルが含まれていて、天然水そのものの口当たりの良さや美味しさがあります。

RO水

RO水とは水道水や天然水にRO膜という超微細フィルターを通過させて不純物を取り除いた水のことをいいます。
RO(Reverse Osmosis)膜とは逆浸透膜ともいって、0.0001ミクロンという超微細のフィルターです。
このRO膜という超微細フィルターを通して不純物を除去してできるのがRO水です。
フィルターを通過した水は不純物はもちろん、ミネラル成分も取り除かれて限りなく「純水」に近い状態になります。
徹底的に不純物や汚染物質、放射性物質も除去してくれるので安全性という点で非常に評価が高いお水です。

天然水で人気のウォーターサーバーRO水で人気のウォーターサーバー
プレミアムウォーター
クリクラ

コスモウォーター
アクアクララ
フレシャス
ピュアハワイアンウォーター

ウォーターサーバーにかかる費用

お水の料金
  ボトルの大きさ、量。定期的に送られてくるところと、なくなってから注文するとことがあります。最低利用量や一回の最低配送個数が決められているところもあります。
 初期費用
  最初に設置するのにかかる料金です。
無料となっていて自分で設置するところもあります。
 サーバーのレンタル料金
  スタンダードは無料のところが多くあります。機種によって金額がかかるところもあります。スタイリッシュやエコだったりするとかかることが多いです。
 配送料
  無料のところもがほとんどですが、地域によっては有料のだったり割高になるところもあります。
 メンテナンス料
  メンテナンス不要で無料にしているところもあります。注意が必要です。
 電気代
  おおまかに平均して1000円くらいかかりますが会社や機種によって違ってきます。
 解約金
  最低利用期間が決められてるところがほとんでですので、その前にやめたい時には解約金がかかるので、どのくらいか確認しておきましょう。

これらの料金が会社ごとに違っています。
初期費用、サーバーレンタル料は無料だけどお水が割高だったり、お水の量のノルマや最低配達個数があったりするので、なかなか料金の比較は難しいですが、初回いくらかかるかと2回目のおおよその金額を出して比べてみるとわかりやすいです。

コスパで人気のウォーターサーバー(天然水+RO)コスパで人気のウォーターサーバー(天然水+RO水)
ワンウェイウォーター
アルピナウォーター

ウォーターサーバーのお水のボトルのちがい

お水が入っているボトルについても、違いがあって、大きく分けて2種類あります。
届いたボトルは使い終えたら自分で処分するワンウェイボトル方式と回収してもらうリターナルボトル方式です。
それぞれ特徴があります。

ワンウェイボトル方式

英語で一方通行の意味のある「ワンウェイ」の名前でわかるようにお水を運んでもらったあとのボトルは戻さず自分で処分し、次に新しいボトルに入ったお水が送られてきます。
廃棄の手間がありますが、使い終わったボトルの保管場所が必要ないといったメリットがあります。
使ったボトルと交換ではないので、配送は宅配業者が多く受け取りがしやすい面があります。

ワンウェイボトル方式のなかには、使うたびに新しい空気が入らずにボトルが小さくなっていくものがあります。
この方式だとお水を密封して空気と触れにくくしているため、雑菌による水質低下の心配が少なくお水の状態を清潔に保つことができるということです。そのため開封してからの賞味期限が少し長くなります。

ワンウエイボトルのウォーターサーバープレミアムウォーター        
コスモウォーター

リターナルボトル方式

リターナブルボトル方式は、使ったボトルを回収して新しいボトルと交換する方式です。
処分するワンウェイボトルに比べ、環境に優しく、ボトルにかかるコスト(価格)が割安になります。
回収したウォーターボトルは、各メーカーで洗浄、除菌し再利用されます。
お水を出すたびにボトルに空気は入りますが、各メーカー工夫してお水が劣化しない対策がなされています。
欠点としては、空容器を保管しなければいけないという点があります。
またリターナブルボトルは、宅配ではなく交換する方式なので受け取りが若干不便なところがあります。 

リターナブルボトルの
ウォーターサーバー
お客様満足度10年連続No.1!【クリクラ】
子育てママとパパを応援する特別プログラム【子育てアクアお試しセット】

使いやすさ

重いボトルを交換するのはちょっと大変な作業です。
ボトル交換が負担になってしまう方には、交換が簡単なボトル下置きタイプのものが便利です。
それぞれにメリット・デメリットがあります。

下置きタイプ

交換時に重いお水を持ち上げなくてもいいので、重いものが持てない妊婦さんや腰痛の人はボトルの交換がかなり楽になります。
下に重いお水があるのでサーバー自体安定感があります。
お水がサーバーの内側に収納されているので見た目にもすっきりしています。
ただ、お水が見えないので残量がわかりにくいという欠点もあります。
下置きタイプのサーバーは、モーターを使ってボトル内の水をタンクまでくみ上げているので、電力を使います。
モーター音も少しはあり、停電時は使用できません。

下置きタイプのあるウォーターサーバーワンウェイウォーター           
プレミアムウォーター
コスモウォーター

上置きタイプ

上置きタイプのウォーターサーバーは一般的によくでているお水の入ったボトルを上に設置するタイプです。
こちらはモーターを使わないでも重力によってお水がでる仕組みになっています。
もし停電になっても、サーバーによっては常温のまま使うことができるものもあるので、災害時に備えることができます。
ボトル交換時にボトル差し込み箇所が汚れていないか、状態を確認しやすいところは安心です。
上置きタイプは外からボトルが見えるものが多いので残量を把握することができます。

水道水を使うタイプ

水道に直結させるタイプのサーバーがあります。
浄水器のように見えますが、違うところは浄水機精度精度と、いつでも温水・冷水がすぐに出せるところです。

お得な定額制の浄水型ウォーターサーバー【every frecious】

さらに詳しく【関連記事】水道水が使えるウォーターサーバー
 

妊婦さんやママにお得なプランのあるサーバー

妊娠中の方やお子さんが小さいご家庭に特別なプランや特典をだしている、妊婦さんやママに嬉しいサーバーさんもあります。
無料でお試しができるところもあります。試しに使ってみるのもいいですね。

妊婦さんやママにお得なプラン
のあるウォーターサーバー
【子育てアクアお試しセット】
マムクラブがあるプレミアムウォーター
ママパパプランのあるフレシャス

まとめ

きれいなお水がいつでも飲める便利なウォーターサーバー。
どのメーカーさんもよりよいお水のために様々な工夫がなされていました。
妊婦さんや赤ちゃんとっていちばん気になるのは安全性でしょうか。
天然水がいいかRO水か、コストはどのくらいかかるか、使いやすいか、などいくつかのポイントをあげさせていただきました。
どこに重きをおいて選ぶかということがいちばん大事だと思います。
ぜひ自分にあったウォーターサーバーを選んでください。

 

Follow me!

PAGE TOP