• 娘の出産準備・赤ちゃんに関する情報やグッズ・ライフでは趣味でやっている株や英語・韓国語の学習、フォトブックなど、好きな物、気になる事を紹介しています

赤ちゃんの知育玩具【うちの赤ちゃん世界一 スマート知育ジム&ウォーカー】のレビュー

赤ちゃんの知育玩具って色々あってどのおもちゃが赤ちゃんに良いのか、何を買ってあげれば良いのか迷ってしまいます。
赤ちゃんが気に入ってよく遊んでくれたおもちゃ「うちの赤ちゃん世界一スマート知育ジム&ウォーカー」をご紹介させて頂きます。

うちの赤ちゃん世界一 スマート知育ジム&ウォーカーとは

「うちの赤ちゃん世界一スマート知育ジム&ウォーカー(手押し車)」というおもちゃを出産祝いに頂きました。
手押し車(ウォーカー)だから、まだまだ使えないと思ったのですが、ただの手押し車(ウォーカー)ではなく色々と遊べるようになっていて、おねんねの0ヶ月から使うことができました。

【0ヶ月】コンパクトベッド「ファルスカ」にぴったり入りました。
もちろんベビーベッドにも入れられる大きさだったので、まだ動けない0ヶ月からセットしてみました。
見ているのかいないのかわかりませんが、刺激を与えることは脳の発達に役立つのではないかと期待を持って置いてみました。

【1ヶ月】ゆらゆらしているのをじっと見ているようになりました。キラキラするおもちゃ(知育玩具)が好きなのか反応しているようでした。

3か月ころから、とうとうぶら下がっているおもちゃを手で触れられるようになってきました。

だんだんぶらさがっているおもちゃを引っぱってはずしたりできるようになってきます。

寝返りができるようになる頃には興味津々で、とってもよく遊んでくれるようになりました。

おもちゃ(知育玩具)の遊び方で成長しているのが感じられて嬉しいものです。

〈ベッドにくくりつけて遊べるようにしてみました〉

ころころ寝返りする頃はおむつ替えも大変だったのですが、おもちゃで遊ばせてじっとさせることができ、とても役に立ちました。

寝返りの頃は動きが激しすぎて、ベッドには入れられなくなりベッドの外で遊ばせました。

お座りの頃は余裕ができて、ぶら下げてあるキラキラ揺れる鏡や音のするおもちゃを触って遊べるようになりました。

月齢に合わせて長く使えるところがいいですね。

つかまり立ちをした頃から
手押し車(ウォーカー)として使えるようになってきました。

左の写真はやっと立てているのでうまくコントロールできず、おっとっととスピードが出てしまう時もありましたが、嬉しそうに頑張っていました。
右の写真の頃は余裕で押せるようになってきました。
押し方にも成長が感じられます。
押している時はとても得意げな顔をしています♡

うちの赤ちゃん世界一(ジム&ウォーカー)のメリット

➀ナチュラルな優しい色で、軽くてたたんでコンパクト(高さ約15cm)にできるところ

②月齢に合わせて、0ヶ月からずっと長く遊べるところ。
 【0ヶ月~ねんね】キラキラ揺れる知育玩具を見る事で五感を刺激するプレイジムです
 【6ヶ月~おすわり】触ることで手指の発達を促す知育玩具としてつかえます
 【1歳頃~】手押し車として押し歩きが楽しくなります

③お値段がちょうどいいところ☆
 

うちの赤ちゃん世界一(ジム&ウォーカー)のデメリット

うちの赤ちゃんは、危険もなく楽しんで遊んでいましたが
買われた方のレビューを読ませていただいたら、つかまり立ちの頃に、軽いのでスピードが出てしまったり、転倒してしまって危ないというご意見もあったようです。
手押し車特有の危険もあり、目が離せない時期があるのかもしれません。
他には、ぶらさがっているおもちゃが外れやすいという声もあったようです。

まとめ

「うちの赤ちゃん世界一スマート知育ジム&ウォーカー」は優しい色合いでコンパクトになるのでとても気に入っています。
見て触って、押して歩いて、五感を刺激してくれる知育玩具です。
赤ちゃんが喜んで夢中になって遊んでくれて、月齢に合わせて長く使うことができています。
押している時の得意げな顔がたまりません!!

【関連記事】赤ちゃんの知育玩具「初めて英語くまのプーさん絵本でおしゃべり指先知育」のレビュー

Follow me!

PAGE TOP