• 娘の出産準備・孫の赤ちゃんグッズ・シニアライフでは趣味でやっている株や英語学習、ガーデニング、健康の事など、好きな物、気になる事を紹介しています

抱っこひものおすすめ~人気のエルゴベビーの抱っこひも、特徴と種類,価格は?

今、抱っこひもと言えば「エルゴベビー」といわれるほど人気があります。
お友達も「みんなエルゴだから、エルゴにするよ!」と言っていました。
エルゴベビーの抱っこひもはどんなものなのでしょうか?

エルゴベビー

エルゴベビーの抱っこひもの特徴

高級感もあり、実際にお値段もよく、つくりもしっかりしているということで、完全にブランド力を持っていると思われます。

エルゴベビーはハワイ生まれ

エルゴベビーはハワイのマウイ島が発祥の地だということです。
エルゴベビー社の代表でありデザイナーだった人が自分の子供のために手作りしたベビーキャリーが世界中で評判になり、多くの人に愛される製品になったということです。
エルゴベビー社の創設は2003年。比較的新しい会社です。

エルゴベビーハワイ

エルゴベビーの「エルゴ」は人間工学

エルゴベビーのエルゴとはエルゴノミックデザインのことで、
エルゴノミックデザインとは人間工学(エルゴノミクス)と呼ばれる研究分野に基づき、人がより自然に・無理なく・効率的に扱えるよう最適化された設計・デザインとのことだそうです。
なので赤ちゃんが自然で無理のない姿勢をとれるように人間工学に基づいて設計され、股関節を健全に成長するために研究された抱っこひもということだそうです。

エルゴは肩・腰が楽

エルゴベビーは腰ベルトと肩のストラップがついているタイプです。
肩だけで支えるタイプと違い、赤ちゃんの体重を両肩・腰でバランスよく分散する体重分散構造になっています。
赤ちゃんの重さを感じにくい仕組みになっているので、肩や首が楽だという声が多く聞かれます。

エルゴベビーは長く使える

「オムニ360」と「アダプト」というモデルは、新生児から20㎏になるまで長く使えるとのことです。
新生児用の「エンブレース」は11.3kgまでです。
「オムニ360」は赤ちゃんと向かい合わせの対面・赤ちゃんに前面を見せてあげられる前向き・用事をするのに楽なおんぶ・腰抱っこの4ポジションが可能です。
「アダプト」は前向きはできません。
「エンブレース」は前向き、腰抱っこはできません。

エルゴベビーはおしゃれ

エルゴベビーが選ばれる大きな理由に見た目が格好いい、お洒落だと言う声をよく聞きます。
男性が使っているとよく似合うイメージがあって、特にパパさんが抱っこする機会の多いおうちにとても人気があるようです。
知り合いのプレパパはエルゴの抱っこひもで赤ちゃんを抱っこするのが楽しみでしょうがないそうです♪

エルゴベビーの種類

エルゴベビーには「オムニ360」と「アダプト」というモデルと新生児用の「エンブレース」があります。
新生児用の「エンブレース」は11.3kgまでで、「オムニ360」と「アダプト」とは使用目的も違ってきます。新生児から軽くてやわらかい生地が赤ちゃんを包みこむタイプです

「オムニ360」と「アダプト」はどちらも 20kgまで使えます。
主な違いは「オムニ360」は前向き抱っこができますが、「アダプト」はできません。
その他には、エルゴベビー自体の重量が微妙に違います。
あと、デザインが違います。

 オムニ360 アダプト   エンブレース
体重3.2~20kg3.2~20kg3.2~11.3kg
抱っこ対面抱き 前向き抱き
おんぶ 腰抱き
対面抱き 
おんぶ 腰抱き
対面抱き
前向き抱き
重量790g730g470g
素材ポリエステル100%
(メッシュ素材)
ポリエステル100%
(メッシュ素材)
ポリエステル
レーヨン
ポリウレタン

まとめ

エルゴベビーの抱っこひもは、抱っこしている間も赤ちゃんの身体をなるべく自然な形にすることに重点がおかれているところがいいところですね。
また、赤ちゃんの重さを感じさせないよう、抱っこするママ・パパが快適なように色々な工夫がなされていました。
抱っこひもは赤ちゃんとママやパパを密着させてくれる本当に素敵なアイテムです。
おしゃれで素敵な抱っこひもで赤ちゃんを抱っこできる時期を存分に楽しめればいいなと思います。

★★★その他人気の抱っこひも★★ ベビービョルン ナップナップ(napnap)

会員登録も、送料も、情報誌も、すべて無料!『ゼクシィBaby』


Follow me!

PAGE TOP