• 娘の出産準備・赤ちゃんに関する情報やグッズ・ライフでは趣味でやっている株や英語・韓国語の学習、フォトブックなど、好きな物、気になる事を紹介しています

おすすめのチャイルドシート~チャイルドシートの選び方・気になるポイント

チャイルドシートは大切な赤ちゃんを守るため、とても重要な物です。
退院して自宅に戻る時に必用なので事前に準備しておく必要があります。
生まれて1週間もたたない新生児を乗せるチャイルドシートなので、初めてだととても気をつかいますよね。
どんなところに気をつけて選べばいいのでしょうか?
チャイルドシートを選ぶときの気になるポイントとおすすめのチャイルドシートをご紹介しています。

チャイルドシートの種類

チャイルドシートとジュニアシート

チャイルドシートは年齢ごとに種類があります。

法令では6歳未満の子供を車に乗せるためにはチャイルドシートが必用です。

新生児から使えるもの、1歳頃から使えるもの、3歳頃から使えるものがあります。
ジュニアシートとは1歳から11歳(9~36kg以下)の子供用です。

今回は新生児から4歳頃(18kg以下)まで使えるチャイルドシートを取り上げます。

車に取り付ける方法が2種類

車に取り付ける方法はISOFIX(アイソフィックス)方式という方法と、シートベルトで取り付ける方式の2種が類あります。また、どちらの方法でも取り付けられるものもあります。

聞き慣れない言葉ですが、2012年7月以降に販売された新しい車にはISOFIX(アイソフィックス)金具というチャイルドシートを取り付ける金具が標準装備されているます。
ISOFIX(アイソフィックス)が車に装備されていると、チャイルドシートに付いているコネクターを差し込むだけで簡単に取り付けられます。
現在は、ISOFIX(アイソフィックス)が主流とのことですが、自分の車にISOFIX(アイソフィックス)があるか、必ず確認が必要です。
もしもない場合はシートベルト装着になります。

チャイルドシートを選ぶポイント

シートが回転するか固定式か

シートが回転するタイプのチャイルドシートと、回転しない固定式のタイプがあります。
シートが回転する機能のあるチャイルドシートは、赤ちゃんを乗せる時も降ろす時もベルトを装着する時も、とても楽です。
一歳まではチャイルドシートを車の進行方向のうしろ向きに設置しなければいけないので、回転機能はあったほうが便利です。

一方、固定式は回転タイプより本体の重量が軽い物が多いので、乗り降りの不便さはあるものの、チャイルドシートを車から外して付け替えることが多い場合はこちらのほうがいいかもしれません。
また、回転式は場所をとるので車によってはつけられない場合もあるので確認が必要です。


チャイルドシートのクッション性

首も頭もまだしっかり固定されていない乳児から使うので、衝撃から守るために衝撃を吸収する素材でできているものや、サイドに頭をガードする装備があるものが安心です。
メーカーによって頭への衝撃を減らすクッションに工夫がされていますのでチェックが必用です。

ベッド型かイス型か

平らなベッド型にもなるチャイルドシートもあります。
新生児の赤ちゃんを仰向けに寝かせられるので赤ちゃんはとっても楽そうです。ただ、後ろ向きでは車に入らないので横向きになってしまいます。

イス型はフラットになるベッドタイプとは違って少し角度がありますが、この角度は衝撃を吸収することを考慮しての角度だということです。ちょっと窮屈な感じになりますが、シートの角度はそのままでリクライニングをして窮屈さを和らげるような構造になっています。

通気性

赤ちゃんは汗をかきやすいので、ムレたりしてしまわないように通気性もチェックしてあげたいポイントです。
メッシュ素材や速乾性の素材を使っていると安心です。

シェード

うちではサンシェードのないチャイルドシートを買ってしまったのですが、誰かしら家族が一緒に乗っていたので、日差しが当たりそうになると陰を作っていました。
ママと赤ちゃんだけで車に乗るのであれば、サンシェードがあったほうが安心です。

安全マーク

安全なチャイルドシートを選ぶには、「Eマーク」が付いているかの確認が大事です。
国交省の安全基準を満たしているベビーシートには「Eマーク」が付いています。
また国交省ではチャイルドシートの安全基準の衝突試験などの結果「チャイルドシートアセスメント」をインターネットで公開しています。

新生児から使えるおすすめのチャイルドシート

コンビ クルムーヴスマート


《たまひよ赤ちゃんグッズ大賞チャイルドシート部門2020年第1位獲得》
頭の部分のクッションが本当にふかふかで赤ちゃんを優しく包みこむ安心感が素晴らしいです
衝撃吸収のエッグショックも信頼度が高く、赤ちゃんの体勢が楽な3段リクライニングもいいですね

【公式サイト】
クルムーヴ スマート ISOFIX エッグショック JL-590
おすすめポイント
★360°回転型チャイルドシート
★ヘッドクッションも背面クッションもふかふかです!
赤ちゃんの頭をしっかりサポートしてくれるので安心です
★卵すら傷つけないという超衝撃吸収素材「エッグショック」が赤ちゃんの頭部・背面・座面をサポートします
★3段階のリクライニングができて、赤ちゃんの体勢を楽に保つことができます
★シェードもついてます
★エアスルーシステム(立体メッシュと通気孔)で通気性もよい
★長く使えるようにヘッドレストが伸ばせます
コンビクルムーヴスマートJL-540

★サンシェードが短めでお得なスタンダードモデル
★座面用クッションの生地と形が少し違う(JL-590はCOOL MAX生地)
★その他は JL-590 と同じ仕様
アップリカ フィラディアグロウ

《たまひよ赤ちゃんグッズ大賞チャイルドシート部門2020年第2位獲得》

フィラディアグロウおすすめポイント
      ★前後からの衝撃だけでなく左右からの衝撃にも対応。最新の安全規則R129に適合しています。
★頭部を包み込むヘルメットのような構造のクッションと、からだの側部を守るサイドクッション、さらに足まで包み込みます
★日本初の「平ら」なベッド型回転式チャイルドシートです
★足を安定させられるフットシート
★フレックスシェードにエキストラシェードがついてさらに大きくなりました
★片手で回転できるシートです
カールメイト エールベベ

《ベビーカレンダーアワード2020年チャイルドシート部門2020年第1位獲得》
《たまひよ赤ちゃんグッズ大賞チャイルドシート部門2020年第3位獲得》
《ママリ口コミ大賞2021年春 大賞受賞》
カー用品メーカーが作っている人気のチャイルドシートです

カールメイト 
エールベべ
おすすめポイント
   ★頭まわりに厚さ25mmの衝撃吸収クッションを2層、新規採用しました
★ヘルメット等にも使用されている衝撃吸収材を継続採用。厚さ40mmで、万一の衝撃からしっかりガードします
★赤ちゃんをすっぽり包み込み頭部をしっかりガードします
★強い衝撃が加わると背もたれの角度が変化し、赤ちゃんへの衝撃を緩和する独自の安全機構
★通気性が高く蒸れにくい構造の新素材「カルファイバー®」を20mm厚で内包した背もたれカバーを搭載
★360°サイレントターン
★肩ベルトが跳ね上がるから、乗せ降ろしの際に肩ベルトを下敷きにしてしまう煩わしさを解消します
【エールベベ カーメイト】クルット 5i グランス グランブラウン BF921 /ISOFIX取付/新生児からの回転式チャイルドシート/洗濯可/KURUTTO/【日本製】AILEBEBE CARMATE トリプル保証
カトージ 【joie】ジョイ

お手頃価格でデザインが良いと評判です。軽量でコンパクトなところも人気。

【公式サイト】
カトージオンラインショップ
joie(ジョイー)360°アーク
おすすめポイント
★片手で360°回転
★軽量、コンパクト設計
★リクライニング5段階調節
★成長とともにソフトパッドがついているので身体にぴったり合ったお座りができます
★メッシュシートとエアホールで通気性があります
★お手頃価格でハイクオリティです

まとめ

チャイルドシートは大切な赤ちゃんを守るため、とても重要な物です。
車に乗せる以上、万一の事が起こる可能性はゼロではありません。
チャイルドシートは妥協せず、信頼できる物を選びたいですね。
どのメーカーも、安全に配慮しているのはもちろん、使いやすく、快適なチャイルドシートが揃っています。
車の使用頻度など、それぞれの家庭のライフスタイルによって選び方も変わってくると思います。
色々検討して、満足のいくチャイルドシートが見つかるといいですね。

【関連記事】1歳からのチャイルドシート

★新生児が使えるチャイルドシートは最高に安心な物がいいけど、そんなに車に乗せる予定がない…
★そんな人はレンタルのチャイルドシートを借りるのも一つの手です

 

 

 

Follow me!

PAGE TOP