家族できままな海外旅行         
花について
 Top >花のこと   


  趣味のガーデニングのページ
  



私はが大好きなのですが、どうもこまめに手入れが出来ません
忙しくてなかなか…というのは言い訳で
どうも根がめんどくさがりなようです
    
今まで植えては枯れ、枯れては植え…
という事を繰り返してきましたが
何年か繰り返しているうちに
手入れが楽で長く咲いてくれる花がわかってきました
                                   


   ☆我が家の手抜きガーデニングの個人的な選りすぐりの花のご紹介です☆



 
春に植えて長く楽しめる花

☆ゴールデンウィーク前にホームセンターなどには種類が豊富に並ぶのでねらい目です☆

        

               *春に咲くお花のショッピングはこちら
    

  〔ペチュニア〕  4→12月

一年草と多年草があります
春から初夏までポット苗でたくさん売られます
種類が豊富でサフィニアもこの仲間です

鉢にすきまができるくらいで植えてもしばらくすると
鉢が見えなくなるくらいに成長してくれます
植えて落ち着いてきたら薄めの液体肥料をこまめにあげると花も大きくなります

枝がヒョロっと伸びてきたら先を切ります
摘芯といって、生育が盛んな時に新芽の部分を摘み取ります
せっかく育った新芽を切るのは辛いのですが、摘芯をすると茎が増えます
切った芽は、葉を少しだけ残して挿してまたふやします




〔イソトマ〕   5→11月

多年草
細い星型の花が可愛くて好きです
日当たりと水はけのよい環境を好むので、梅雨時期には注意してあげて下さい
地植えにすると放っておいても毎年咲いてくれます
   
   〔インパチェンス〕  5→11月

一年草
花色と八重などの種類も豊富
暑さには強いのですが強い陽射しがニガテなので
夏は半日陰のほうがいいです
薄めの液肥を月に3〜4回あげるとよい
  

〔ゼラニウム〕 3→12月
多年草
本当に強く挿し芽でどんどんふえます
湿気を嫌うので乾燥気味に管理したほうがよい
       

   夏前に追加する花


   〔アメリカンブルー〕 5〜10月
一年草
青色の小さな花が爽やかなので必ず買ってきます
鉢にすき間をあけて植えても液肥をあげるとどんどん大きくなります
茎が伸びたら先を切って挿し芽をし
しばらく日陰に置き、どんどん増やします
高温でやや乾燥気味のほうがいいそうです




〔メランポジウム〕  5〜10月
一年草
黄色い花が夏っぽくとっても大きく成長してくれるので
我が家の夏にはかかせません
日当たりと水はけを好みます
この花は肥料は控えめのほうがいいそうです
*夏に咲くお花のショッピングはこちら
  

秋に準備する花

   〔チューリップ・ムスカリ〕
   球根
   3〜5月に咲くのを楽しみにして10〜11月に植えます
   チューリップの周りにムスカリという組み合わせがほんとうに可愛いですよね
   どちらもちょっと詰め気味に植えたほうが綺麗です
  
   〔パンジー〕  11→5月
   一年草
   晩秋から出はじめて寒さに強く種類が豊富で長く楽しめます
   芽がコンパクトで葉の数が多くしっかりしたものを選んだほうがいいです
   伸びたり葉色の薄いものは×
   咲き終わった花殻はこまめに摘み取ります

   〔ジュリアン・ポリアンサ〕  11→5月
   一年草・多年草
   寒さに強い
   色が豊富で綺麗なので、冬の花壇を明るくしてくれます
   株が大きく葉の数が多いものを選びましょう
   花殻をこまめに摘み取ります





PR
まちかど情報室で放映!送料無料!TMY スープメーカー ヘルシア FDA-2001WH【快適生活】


Menu

ハワイのページ
ハワイ旅行記
ハワイで観光
ハワイレンタカー
ハワイでショッピング
ハワイレストラン
ハワイ雑貨
ハワイホテル・コンドミニア

タイのページ

タイ旅行記
タイはこんな国
タイのお土産
バンコク寺院巡り
タイ式マッサージ

韓国のページ


韓国旅行記 
韓国で買い物
韓国で観光
韓国料理
韓国エステ

韓国コスメ
旅行の韓国語

北海道のページ

富良野のページ
函館のページ
 函館ラーメン
 函館グルメ

沖縄のページ
沖縄で観光
 美ら海水族館
 首里城
 

英語学習のページ


英語と私のかかわり
英語学習に必要な事
リスニングについて
スピーキングについて
留学について
英会話スクールについて
生涯学習としての英語
英語教材について


趣味のガーデニングのページ

花のこと
バラについて
コニファーについて







〈Top〉 家族できままな海外旅行
Copyright (C)  All Rights Reserved